子供は楽しみ小学生!ママは悪戦苦闘の入学準備

入学準備と聞いて、まず思いつくのは学習机とランドセルではないでしょうか。

これらが家に揃うと、いよいよ小学生、なんて晴れ晴れしい気分になりますよね。同時にこれらは、入学準備品の中で高額な商品。選択に失敗することは避けたく、親も慎重になります。

だからこそこれらは、何度も店舗に足を運んで、実際に商品を確認することをおススメします。

と言っても、我が家は、学習机に関しては、購入したのは小1の夏休みでした!

先輩ママへのリサーチにより、学習机は入学後でも遅くないよ、と意外な言葉を聞いたからです。入学後は、宿題はリビングですることが多く、その理由は、親が側で聞いてあげなければならない音読があったり、その他も、まだまだ見てあげなければならない勉強があったりするからです。

高学年になると、趣味も変わり、入学当時購入したデザインが子供っぽくて飽きてしまった、なんて話も聞きました。

しかし、入学準備金を義父母から貰っちゃったから、入学までに買わなきゃ……と言い、ランドセル購入を終えたらすぐ、今度は学習机探しに出歩いている友人は、本当に大変そうでした。

このように、学習机は時期を急ぐ必要はありませんが、入学と同時に使用するランドセルは、そうはいきません。まず、いつ頃から情報収集を始めるのか。筆者の周囲は幼稚園年長に上がる春休みでした。友達とイチゴ狩りに行った帰りに、ランドセルメーカーのショールームに寄って、子供達が小さな背中に大きなランドセルを背負い大喜びしていた姿は今でも忘れません。

ママ達は『ラン活』なんて呼び、その後も週末になると店舗へ出向いては、ランドセルを選び、そして疲れた、なんて報告をしていました。

ランドセルを選ぶポイントは、まず、サイズと重量。お子様の体格にあっているか、そしてよく聞くのが、A4フラットファイルが入るのか。これは学校によって異なるので、事前に情報収集できると良いですね。

また、通学距離が短ければ良いのですが、長いお子さんは、軽量のタイプを検討する、という選択肢もあります。素材は、親御さんの考えによるけれども、特に男の子には、傷が付きにくいタイプを選ぶママが多かったです。

そして何より、デザイン。お子様が6年間使うものですから、自分が気に入ったデザインや、背負いやすいものを、選んでもらいましょう。筆者は、最終的には子供の意見で決定しました。忘れてはいけないのが予算……ランドセルって、予想外に高額で驚きました!ランドセル価格の相場を知るのも、入学準備予算の段階で必要ですね。

結局、夏前にインターネットで受注が始まる店舗もあり、筆者を含め、周囲も6月末までには、ほとんどの方が購入を済ませていました。自分の小学校入学時を覚えてはいませんが、ランドセルを購入するのがこんなにも早いのか!というのが驚きでした。

もちろん、急がず、こだわらず派の方もいるので、各ご家庭のご都合で決められるのが一番です。とにかく、こうして筆者の最も大きな入学準備であるランドセル購入を無事終えたのでした。

家でする入学準備:名入れと袋物は便利グッズを使って♪

幼稚園の入園準備でも、これらはありましたが、それ以上に小学校入学準備は点数が多い気がする……特に名入れはそう感じたのですが、それは細かいものが多いからではないでしょうか。

思いつくだけでも鉛筆、色鉛筆、消しゴム…考えるだけでも面倒で、しばらく入学準備である名入れ作業の手を止めてしまったほどです。

しかし、そんな私を助けてくれたのは、名入れオプションとお名前シールでした。まず、鉛筆と色鉛筆は、ネットで注文し、同時に名入れオプションを利用しました。後に店舗で調べてみたら、筆者の場合は、ネット注文の方が断然安かったので、思わずニンマリ。

次に、お名前シールですが、これは、PTAからの卒園記念品の中に入っていたものです。防水タイプで接着も良いもので、給食で使用するお箸ケースに利用していますが、食洗器を利用しても、今のところ全く劣化していません。

幼稚園では利用しなかったので、お名前シールを貰ったとき、最初はピンときませんでしたが、結局、入学準備の名入れは、ほとんどこのシールをペタペタ貼って終了しました!

しかも、その後も、計算カードやら何やらと、細かい追加アイテムがあるのですが、そのようなものも、全部お名前シールを貼ってしまうので、手間を短縮できています。学校によっては、シール禁止の小学校もあり、友人は泣いていました。シールが剥がれたら名前が分からないから、という理由らしいです。

もう一つ、袋物は、筆者は観念してミシンを購入しました。

購入を決断したのは、給食ナプキンのサイズが、市販ではちょうど良いサイズが無かったからです。ちょっとくらい違ってもいいかな、と思えず、それで子供が苦労したらどうしよう……と、初めて行く小学校生活に、筆者も心配になったからです。

ちなみに、近辺の小学校では、給食ナプキンの角4か所に、机に固定する為のゴムを付けなければなくて、ママ達は悲鳴をあげていました。幼稚園で使っていた袋物で、まだ使えるものは、そのまま小学校でも使用しています。足りない袋物だけ、作りました。シンプルな機能のみのミシンを選びましたが、このタイミングでミシンを購入するならば、入園時から買っておけば良かった!と後悔するほど、現在も活躍しています。

小学校入学準備って、時間もかかるけれど、お金も随分かかったなぁというのが、正直な感想です。

時間に関しては、年明けぐらいに入学説明会があったので、そこで必要なものが分かったら、家で作業するものはとにかく、子供が幼稚園に行っている間に終わらせてしまいました。

もしインターネットで商品を注文するならば、届くまで意外と時間のかかる時期なので、余裕を持って手配しましょう。卒園行事と重なる入学準備は、本当に大変でした!早めに終えて、余裕を持って入学を迎えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です