入学準備で学習机とランドセル選びで注意した点まとめ

娘の入学準備をするタイミングを伺ってきました。うちは子供がはじめて小学校へ入学をするので、どのタイミングで入学準備をしたら良いのか?考えていました。

あまり早くに準備を始めても、逆にスムーズに行かない事もあると思うので、タイミングが重要だと感じていました。

入学準備に備えてする事のベスト3として、私の中ではまず一番最初にするべきことは何が何でもランドセル選びです。ランドセルと言うのは入学準備のある意味、シンボル的なものになるので、ランドセル選びをしてからこそ、次の準備が始まるものだと思いました。

ランドセルについて掘り下げてみると、3月くらいからランドセルのコーナーは設けられているそうですが、まだブランド別に展示されてしなかったり、各ブランドの新作が出ていない時期なので、定番のランドセルが購入できると言う感じだということが分りました。

とりあえずその時期は見送って、4月5月の各ブランドのカタログなどを入手できる時まで待ちました。まずは気になるメーカーやブランドに目星をつけて、何冊かのカタログを貰いました。

カタログを娘と見たり、ランドセルのスポンサーになってくれる、親にもカタログを見せて、どんな感じのランドセルが欲しいのかを伝えました。

6月過ぎると、店頭に新作のランドセルが並ぶと聞いたので、我が家は8月になってランドセルを目星をつけていたランドセルを購入しにでかけました。

10月にランドセルを購入しに行ったママ友が欲しかったカラーが購入できなかったと言っていのたで、8月に入って購入をしに行った私の選択は間違っていなかったと痛感しました。どうしても欲しいというメーカーやカラーが決まってる場合は、店頭に商品が並び出す6月に購入をするのがベストなので、下の子の時は入学準備はもう少し早く始めても良いかなと思いました。

入学準備と共に勉強の事も考え出しました

入学準備として、ランドセルを購入すると、段々と小学校へ入学する娘の姿がリアルに描く事が出来るようになりました。小学生になれば、幼稚園時代とは生活のリズムも変わっていくでしょうし、一日の中に少なからず、勉強と言う時間も入ってくることになるのです。

そんな意味を込めて、ランドセルの次に入学準備として用意するものが、やはり学習でデスクだと感じました。机はかなり大きな買い物となるので、勿論私の一存では決めれないので、夫や近所に住んでいる両親とも相談をして、決める事にしました。

2回ほど、展示場へ行って、実際に娘を座らせて、どんな感じなのかを見た上で、学習デスクを決めました。

家族もそして、本人も気に入った物を購入できました。やはり学習デスクは何より、本人が長い期間、使う物となるので本人の希望を充分に取り入れた上で、大人の意見も入れて選んだので、最高の物が選べたと思います。

そして入学準備をする上で3つの事は、学習塾のことです。

1年生の時から突然、塾通いはどうのなのかな?と思ったので、週に2回の1回1時間程度で学校の予習と復習をしてくれるところを探しました。大道ですが公文がやはり第一の候補に上ります。

入学準備としては最後にするものだと思っているので、こちらに関してはまだまだ色々な人の意見を聞いたり、見たりして決めていきたいと思っています。

また、入学準備は細かい物を揃えていく必要があります。サブバックや体操着入れ、給食セットを入れるもの、上履き入れなどなど、それらは出来るものは手作りで、自分が作れないと思った物は、非売品を購入したいと思っていますが、こちらに関しては親の好みよりも、娘の好みを優先してあげようと思っています。

まだまだ入学準備は全てが整っていませんが、準備期間は未来の子供の姿を想像して、夢が膨らみます。